統合医療について

統合医療とは、
近代西洋医学と東洋医学や補完・代替医療等を体系的に統合する医療です。近代西洋医学と東洋医学等を併用する医療ではありません。各医療人が連携し、統合した体系的な医療です。


説明の例)
日本統合医療系連合学会・・・
「統合医療とは、近代西洋医学、伝統東洋医学及び総合医療カウンセリング等を統合した医療技術により総合的に治療する医療を言います。」


厚生労働省・・・「近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。」


統合医療研究センター・・・
併用医療とはことなります。

統合医療は、西洋医学と東洋医学等を統合し、総合的に治療する医療ですが各専門の医療人が連携しなければなりません。医師の指示に基づき東洋医学等を併用しているだけでは統合医療ではありません。 その場合は、統合医療ではなく併用医療と言います。
補完・代替医療とも異なります。統合医療とうたっていて実際は補完・代替医療の医療機関もあります。西洋医学も参加しなければ統合医療ではありまん。西洋医学は医師がリーダーを務めなければなりません。

各医療人の職業差別の禁止!
患者を中心としたチーム医療により医師をリーダーとした各医療人の連携や統合医療体系がなければなりません。そこに医療人の身分差別もあってはなりません。職業差別があっては統合医療は成り立ちません。医師はリーダーですが身分が高いのではありません。医療人同士が身分的に対等でなければ真の統合医療は成り立ちません。患者を中心として医師のリーダーのもとで各医療人が密に連携しながら治療にあたります。従って、「補足する」「従属する」という意味のパラメディカルと言う概念や言語も無くならなければなりません。医師をリーダーとして各医療専門職同士が連携し全力で治療にあたる医療こそが統合医療です。

この統合医療は、理想的医療として簡単に採用されるように思われますが、現代医学は東洋医学をほとんど認めていません。そして、東洋医学の現在は宗教的迷信に走っていることが少なくありません。従って、統合医療が理解されるためには現代医学の医療人は東洋医学に対する偏見を捨てなければなりません。東洋医学の医療人は、宗教的迷信を捨てなければなりません。両者が医療の限界を感じて歩み寄る努力をしなければ統合医療は発展して行かないでしょう。しかし、統合医療の必要性は、すぐそこまで来ていることだけは事実です。医療人は心して理解に努める必要があると考えます。
統合医療研究センターは、統合医療の必要性を強く認識し、統合医療の体系的研究と普及に努めたいと考えます。