未病について

提言:
未病管理を普及し、自ら健康寿命を延ばし、そして医療費を削減しましょう。

未病は、研究者によって定義が全く異なる珍しい言語です。もともと、東洋医学の用語で東洋医学的保健学でした。未病は「未ダ病ニアラズ」で病気ではない状態を指し、ただ、「未ダ」だですから病気を前にしている状態が推測できます。検査結果が異常や自覚症状があればどちらも病気です。検査結果が異常でも自覚症状が無ければ病気ではなく未病という主張は誤解です。それを「西洋型未病」と定義したところで病気は病気です。また、検査結果が正常値で自覚症状がある場合もやはり病気で未病ではありません。検査は完全なものではなく検査方法のミス、あるいは検査に結果が出ないことも多々ありますが、患者に自覚症状が有ること自体が既に病気です。未病とは「検査結果が異常値に近い場合または検査も正常値で自覚症状もないが本人の生活が不摂生である場合」等です。